債務整理とは?

MENU

債務整理は三種類。それぞれのメリットとデメリットとは?

債務整理とは、わかりやすく説明すると、
自分で作ってしまった借金を法律を通して整理をし自分が無理なく返せる状態にしてくれるということです。

 

自己破産の場合は一円も返さなくて大丈夫です。
が、しかし、デメリットもありますので、
そのあたりについては後述して行きますね。

 

 

そして債務整理には三種類の手続きがあるんです。

 

その三種類の、どの整理の仕方があなたにふさわしいか弁護士が判断して決めてくれます。

 

 

その三種類とは自己破産、任意整理、個人再生とあります。

 

あなたに合った債務整理とは?自己破産について

 

自己破産をする人の多くは働いてない人、定期的収入がない、
借金を返済していく能力がないからどうすることもできない人が多いです。

 

 

 

 

自己破産のメリットは借金が0円になることです。

 

ですがデメリットもあってそれは生きてく中で最低限の財産以外全て奪われてしまいます。

 

家や車などが代表的な例。
けれど新たな人生のスタートだできると考えそれでも良いと思う人もたくさんいます。

 

弁護士の話をしっかり聞いて決めるとよいでしょう。

 

 

債務整理の定番!任意生理のメリット&デメリット

 

次に任意整理をする人の多くは働いて収入はあるが、
今残ってる金額全て返すの辛い、
毎月支払う額をもっと減らして楽に返したいという人が多いですね。

 

メリットは債務総額が減り無理なく返すことができるようになります。

 

月々の支払額も弁護士と相談して決められる。
長い間返済していた場合は過払になっている可能性もあります。

 

 

デメリットはローンなどが5年間組めない状態になります。

 

ブラックリストということです。個人再生よりも返済額が減る幅が小さい、
最近では任意整理に応じない会社も増えているらしいのでご注意を。

 

個人再生のメリットとデメリット

 

個人再生をする人の多くは月々の支払いは大変で支払い難しいけれど、
自己破産をして家など財産を失いたくないという人が多いです。
家や財産を取られることなく、債務総額が減らし無理なく返済していくという形です。

 

 

メリットは返済額が5分の1に減らすことができます。

 

任意整理と同じように長い間返済をしていると過払が発生していることがあります。

 

デメリットは5〜10年程ブラックリストになってしまう。個人情報が官報に掲載されてしまう。など

 

債務整理とはこのように、どういった形で整理をするかという大まかな意味で、
具体的にどのように整理していくかは自分で決めるのです。

 

自分で決めると言っても個人で債務整理をすることは不可能です。これは弁護士にしかできない仕事です。

 

迷っているなら一度弁護士に相談することをおすすめします。

 

無料の借金返済シミュレーターで借金問題解決!