クレジットカードやキャッシングは怖い

MENU

クレジットカードやキャッシング利用を習慣化すると本当に怖い!

クレジットカードやキャッシングは怖い

 

クレジットカードやキャッシングというのは借金の始まりです。
日本人の多くの人が当たり前にカードを持っていて、
買い物などの際は気軽に使っていますよね。

 

これが1回払いですぐに支払いするというように
ルールを持っていれば問題は無いのですが、
ショッピングなどで少し高額なものを買おうとすると、殆どの人は分割払いにします。

 

そのうち手軽に買い物ができるため、
返済額も増えていくのが借金体質の人の行動パターンなのですが、

 

リボ払いの危険性のページでも書いたように
ゆとりを持って返せるからと言って
金利の高いサービスを知らずに利用するとさらに怖い状況が待っています。

 

 

つまりここが借金、そして多重債務の始まりなのです。

 

毎月の収入の範囲内ですぐに返せるうちは良いのですが、
人間の欲求というのは恐ろしいもので、
手に入れたい欲求が膨らむと歯止めをかけることができませn。

 

衝動買いの癖がある人などは特に要注意した方が良いポイントですね。

 

 

手元に現金が無くてもクレジットカードがあればすぐに商品が手に入ってしまうわけで、
それが癖になると次から次へとポンポン欲しいものを買ってしまいます。

 

これがクレジットカードやキャッシングの怖いところなんですね。

 

 

 

また月末の給料日前になると生活費が足りないからという理由でキャッシングなどを利用するのもかなり危険で怖い行為です。

 

本来は節約することがまず最初に行うべきことなのですが、
多くの場合、一度生活レベルを上げると下げることができなくなるのです。

 

 

生活費というのは日常生活の中ではランニングコストとして毎月掛かるお金なので、
絶対に借金してはいけない部分なのです。

 

それを繰り返していると借金を借金で返すことになり、
生活そのものが破綻してしまいます。

 

そこから脱却するためには節約にも限度があるので、
最終的には収入を上げるしか無いのですが、普通のサラリーマンやパート主婦ではほぼ不可能。

 

 

そしてクレジットカードやキャッシングなどの支払い分を完済しても
その後はクレジットカードは持たない、キャッシングはしないと自分を厳しく律してください。

 

基本はちゃんと仕事をしていて現金主義であれば
借金生活で苦労することは二度と無くなるでしょう。