借金が原因でパニック障害

MENU

パニック障害の発症から3年で借金を完済した男性

借金が原因でのパニック障害

 

今から10年以上前の話になりますが、
私は当時ギャンブルと女に狂ってしまい、
多額の借金をしてしまいました。

 

気が付くと月々の返済が給料では賄えなくなってしまい、一人で暮らすことができなくなり実家に帰ることにしました。

 

実家に帰ったら帰ってたで自由も無く親には攻められて頭がおかしくなりそうでした。

 

ある時仕事を終えて家で寛いでたら、突然目まいがして心臓がバクバクして死ぬかも知れないと思って救急車を呼びました。

 

 

診断の結果は異常はないとのこと。

 

そんなはずは無いと言いましたが実際に悪いところはありませんと言われ帰されました。

 

確かにさっきまでの症状は病院に付くと同時に直った気がします。

 

 

そんなことがあってから度々同じ症状に襲われることが日に日に増えてきて
職場でも家でも友人とご飯を食べている時にも
発作のように出るようになっていったのです。それから仕事も休みがちになり、クビになってしまいしまた。

 

早く直さなければ仕事に復帰ができないと焦って
病院を転々としましたがその原因が全くわからずにいました。

 

因みにその時借金は父が変わりに返してくれていましたが、
いい顔されずに嫌な気持ちだったのを覚えています。

 

心臓が悪いと思っていた私は心臓外科に通院していたのですが、
その担当の先生に一度精神科に行ってみてはどうかと進められ
俺が精神異常なのかと思いましたが、言われるがままに紹介状を持ち病院に向かいました。

 

そこで診断されたのがパニック障害でした。

 

パニック障害のような精神的な病気で当時は
そこまで有名な病気ではなかったので理解はできませんでしたが、

 

精神科に通うようになってから少しずつ変わって行き、
半年程で仕事に復帰することができて色々とやる気が出てまず借金を返すことを目標に再スタートしました。

 

3年で全ての借金を返し終えそれからパニック障害から完璧に抜け出そうと色々なことに挑戦しました。

 

 

心と体に自身を付ける為にスポーツとか絵を描いたりして趣味をたくさん作り
日々を楽しく刺激のあるものに変えていきました。

 

今では絵に才能があったのか無かったかわかりませんが、イラストレーターとして第二の人生を歩んでいます。

 

 

サラリーマンだった頃よりも仕事にやりがいがあってとても楽しい人生です。
今となってはパニック障害に感謝しているぐらいです。

 

パニック障害のおかげで私の人生は大きく変わったと思っています。
今年は初挑戦のフルマラソンにチャレンジしたいと思っています。